【巨人坂本やらかす2】味方の村田の頭脳プレーというか、トリックプレーに頭脳が全くついていかず、手も足も出ずww『一度はやってみたい珍プレー』

巨人・村田の頭脳プレー(トリックプレー)に、味方のショート・坂本勇人の頭脳が全く追い付かずに傷口が拡がってしまった件

内野経験者なら一度はやってみたいプレーかも・・・

 

 

そのプレーは、巨人VS楽天の交流戦で起きました。

 

 

8回裏で楽天が2-1で一点リード。
ノーアウト一、二塁。バッターが送りバントしたら、巨人のサード・村田の方へポップフライが上がってしまった場面です。

 

 

基本的にランナーは、送りバントの場合はフライが上がることを想定していないため、次の塁へ進むための準備をしています。その為、明らかにフライとわかるケースは大丈夫ですが、ポップフライ(少し勢いのついた浅めのフライ)の場合は、必死に戻らないとアウトになってしまうので、ランナーは大慌て!

 

 

村田はそれを逆手に取り、わざとワンバウンドで捕球してゲッツーを狙いに行きました!

 

 

その結果・・・

まるで、小学生のプレーのような事態が起きてしまいますww

ただ、一塁ランナー・マギーの芝居は上手い!!

【巨人坂本やらかす2】味方の村田の頭脳プレーというか、トリックプレーに頭脳が全くついていかず、手も足も出ずww『一度はやってみたい珍プレー』

 

次のページの動画で検証してみたいと思います。

 

次ページへ続きます

関連記事