【NHK受信料裁判敗訴→大法廷判断へ】放送法受信契約義務「NHKは憲法が定める契約の自由に違反。受信料払う必要はない」→訴訟した男性に称賛の嵐!

国営企業NHKと一般個人男性がNHK受信料を巡って最高裁まで争った結果、大法廷判断までもつれている件。

【NHK最高裁敗訴→大法廷判断へ】放送法受信契約義務「NHKは憲法が定める契約の自由に違反。受信料払う必要はない」→訴訟した男性に称賛の嵐!

訴訟提起して最高裁まで争っている男性に対し、ネット上では称賛の声が相次いでいます。

・大法廷の判決が完全な判例になるのでこの判決結果はかなり重要。NHK敗訴を願います。

・NHKを観てない人にも受信料払わせるのはどう考えてもおかしい!

・この問題がとうとう大法廷にまで行くとは。結果が大変興味深い。

・これは判決によってはマスコミ業界を超えて大激震じゃないの?
法律問題としてみたらNHKの主張する契約義務は単なる押し売りとしか思えず、法的正当性があるのか非常に疑わしいと思うんだけど。

・これは放送法が違憲。にしても、最高裁まで持っていくって、この男性もすごいな。

NHKは今回の訴訟で「受信契約締結の申込書を送った時点で自動的に契約が成立する」と主張しているそうです。相手が契約に承諾しなくても、放送法の規定に基づき受信料を支払う義務があるとのことですが、これはやはり一般の契約・商慣習を鑑みると消費者からは極めて不自然で偏った契約のように思えてなりません。

消費者は自らの意思で購入することを決めるもの。対価はそれに相応しいものであれば当然のように支払いますし、見合わないと判断したら買いませんし、途中で解約したりするのが普通です。

 

問題なのは、

・テレビは見たいから買っているけども、NHKが見たくて買っているわけではない。
・支払いを求めるなら、支払う視聴料に見合ったコンテンツを提供しろよ!
・必要であれば見るけども、視聴料に全く見合ってない。従量制料金にでもすればいいだろ?

といった意見が大半でしょうね。

 

個人的には、このNHKの受信料裁判の判決次第では受信料というのは憲法で規定されている財産権や、商法で規定されている契約の大原則(双方合意)より優先されるって事になりますよね。それはどう考えても異常事態だと思います。放送法の改定が急務でしょうね。

 

まあ、視聴者の意見はともかくとして、事実は一体どうなんでしょう。

 

各メディア上で記載されている『事実』だけを簡潔にまとめてみました。掘り下げてご確認されたい方は、各リンク先よりご覧になってくださいね。

 

次ページへ続きます

関連記事