【衝撃】死亡判定された82歳男性、遺体安置所で目を覚ました結果・・・

死亡判定された82歳のおじいちゃん遺体安置所で目を覚まし家族ビックリ! 食事ができる程元気に

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494550508/

総合病院で集中治療室にて入院していた患者が突如容体が悪くなり、医師から死亡判定を受けて、霊安室に移された。

 

死亡したと判定された男性は82歳と高齢で、5月9日の午後12時40分頃に担当医から心肺停止による死亡判定を受けた。 
この老人は長期間の肝臓透析でほかの病院で治療をうけていたが、容体が悪化し、8日に総合病院に移された。

この男性の家族は死亡判定後1時間ほど経って、葬儀場霊安室に遺体を移したという。

 

しかしそこで男性が突如動きだし家族は驚いた。

 

次ページへ続きます

関連記事