【消えた】ガレッジセールのゴリが干された本当の理由・・・

【消えた】ガレッジセールのゴリが干された本当の理由・・・

 

「ガレッジセール」のゴリ、メディアで沖縄の基地問題について発言したため、テレビから干されてしまう

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509918339/

 

テレビ局の“弱腰自主規制”の犠牲か――。お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(44)が、沖縄基地問題の呪縛に悩まされている。沖縄出身のゴリは、芸能界のなかでもいち早く在日米軍が駐留する沖縄の普天間基地問題を取り巻く環境について発言してきたが、それが自身の芸能活動に大きく影響し始めているという。

 

かつて“沖縄芸人”として各局でレギュラー番組を多数抱える売れっ子だったゴリだが、現在の出演番組はピン、コンビ合わせて数えるほどしかなくなってしまった。

 

一部では「消えた」とさえ言われ始めている。その一因となったのが、沖縄基地問題に関わる発言だ。 

 

昨年、ゴリが沖縄の基地問題について『反対派の声ばかりが目立っている』と話したインタビューが話題になりました。それまでもゴリは基地問題について賛成、反対ではなく、冷静な視点で状況を伝えてきましたが、これが各テレビ局上層部の目に留まって『政治的な発言は危ない』と敬遠される原因になってしまった」

 

さらに

、この発言から自身を取り巻く環境まで変化してしまっている。 

「ゴリの発言を自分たちへの当てつけと思った“プロ市民”と思われる人からのクレームもあるようで、実際に起用しづらい状況も生まれています。ある地方局では事務所の先輩の大御所芸人たちが、現状を見かねてゴリを起用する企画を出したんですが、やはり局の上層部が難色を示してボツになったそうです。このままでは、ゴリのテレビ出演は減る一方ですよ」

 

次ページへ続きます

関連記事