【実話復讐】893の娘『パパ…私レ○プされた…』父『とりあえず病院いけ。』数日後…犯人『ほんとにすまねぇ…』ヤ『お嬢、タマ潰しますか?』ヤ●ザの娘を暴行した犯人の末路…

友達のA子の父親は、893の組長だ。

 

ある日、A子は親に内緒で彼氏と八丈島に遊びに行っていた。

 

それを知った父親は激怒。ヘリをチャーターした組員がB子を連れ戻しに行った。
それを知って私達悪友は、皆で大笑い。

 

そして、帰ってきたA子に話を聞いた。
以下A子の話
「レストランでご飯食べてたらさあ、いきなりあいつらがやって来たんだよ。いかにもモンモンって服きてて、恥ずかしいったらありゃしない。」
「また、男に逃げられたよぉ」

 

A子の元彼達は、彼女父親の職業 (?)を知ると逃げていった。

 

A子の八丈島事件の話を聞いた後、私は卒論で忙しくなり、A子とは、しばらく会っていなかった。

 

卒論の完成のめどがつき始めた頃、A子から電話があった。
A子が明日飲みに行かないかと言うので、会う約束をした。

 

久しぶりに会ったA子は、やつれていて、元気がなかった。
大丈夫かと聞くと、いつになく深刻な顔で話し始めた。

 

「他の誰にも言わないで欲しいんだけど、Me子にだけは話したくってさ。
1ヶ月前の事なんだけど、いつもヤスに駅まで迎えにきてもらってるじゃん?
でもその日はなんかウザくてさ、バスに乗って帰る事にしたんだよ。」

 

「バス降りて歩いていたら、ミニバンに乗った男に道きかれたんだけど。
それがさ、そいつが行きたいとこって、ぜんぜん見当違いないとこでさ、男でもこんな方向音痴っていんだなあって、思ってたんだ。」

 

「そいつミニバンの後ろのドア開けて地図だして、いま俺どこ?って聞くから、地図を開いてるミニバンの近くまで行ったのよ。」

 

「地図をみるために、ミニバンの中にちょと体を乗り入れるようにして、今はここだよって、地図の上を指差して教えてやったらさ」

 

「いきなり頭を殴られて、ミニバンの中に押し込まれたんだよ。」
私はそこまで聞いて、A子の身に何が起きたのかわかった。

次ページへ続きます

関連記事