【衝撃】脳梗塞でしんだ30代義兄の車を嫁が貰うことに。嫁「(車内で)あれ?兄の手帳だ」→とんでもない事実が綴られていて・・・・・・・

義兄(嫁の兄)と嫁実家の修羅場を一つ

俺が結婚する前の話だけど
義兄は30代半ばで急性脳梗塞で亡くなった。
技術職兼管理職でかなり忙しかったせいもあり
過労死かも言われてた。

子供は2歳で義兄嫁は専業、
私が支えて上げられなかったと号泣してたらしい。

義兄嫁は家庭的なタイプで
義両親参加のピクニックなどでも
重箱の弁当を作ってくるようなタイプで
親戚中の評判もよく、いい嫁貰ったと言われてた。

葬式が終わり形見分けの段になり、
義兄の車を嫁が貰うことになった。
2台持ってても仕方ありませんから、と
就職したばかりの嫁に譲ったらしい。

そんな謙虚な態度もあって
義両親も義兄嫁を信頼して有形無形の援助をしてた。

一年くらいたち(その間に俺と嫁は入籍していた)、
嫁が貰った義兄車はうちの夫婦で
ありがたく使わせてもらってた。

車検がきたので車屋に預けようと
車を整理していたら義兄の手帳が車内から出てきた。
良いことではないと知りつつ
嫁と二人でそれを読んでいたら衝撃の事実発覚。

義兄嫁は家事放棄、育児放棄で全て義兄がやっていた模様。
激務の仕事の合間に保育園お迎え、
定時後1度帰宅して子供の世話、
子供寝かせてまた研究所に行き
朝まで仕事といった毎日が書かれていた。

ところどころの余白に、
シンドイが○○(子供の名前)のために頑張る
でももう挫けそう。
この一週間は10時間しか寝ていないなどの文字が。

嫁が血相変えて義両親に相談し
義両親とともに義兄嫁宅に押し掛けると
信じられない汚部屋に
三角座りの子供とタバコふかした義兄嫁がいた。
 
義兄の生命保険で毎日ギャンブルと男遊び三昧、
子供はシリアルとお菓子ばかり与えられて
幼稚園もいかせてもらえず自宅軟禁状態。

紆余曲折あり相当お金もかかったけど
義両親が子供を引き取れることになって
まだ若かった義両親と養子縁組して義弟になった。
最初は不安定だったけど
最近は屈託なく笑えるようになって
小学校に楽しそうに通ってるよ。

関連記事