【動画あり】1600℃に熱した鉄球を氷の上に乗せてみた!この後いったいどうなる?

ここは、とある工場。

二人組の工場作業員んでしょうか。。。パチンコ玉よりは大きい鉄球をバーナーで四方から熱しはじめました。

出典:Youtube.com

その後鉄球の表面は、真っ赤に色がかわります。

見た目でもわかるくらい、熱されています。さわると間違いなくやけどします。。

(温度はおおよそ1600度となっています。。注:実際の温度はもう少し低いと思われます。これにつては後ほどご説明いたします。)

今からこの鉄球を氷の上にのせるという実験がはじまろうとしているのです。。

次ページへ続きます

関連記事