【実験動画】流れる溶岩でステーキを焼いてみた。。。果たしておいしく焼きあがるのか??

流れる溶岩でステーキを焼いてみた。。。果たしておいしく焼きあがるのか?

米ニューヨーク州北部、シラキュース大学の研究室で、1500度に達した溶岩を作成した男がいます。

そう、すべてはバーベキューの為に。。

 

完璧な溶岩を再現する研究に、5年の歳月を費やしたということです。。これまた驚きです。

挑むのは、サム・ボンパス氏。

「私は火山に取りつかれ、溶岩で料理することを夢見続けてきた」

と熱く語っています。。

 

さて、流れる溶岩で焼いたステーキはいったいどうなる?

衝撃の結末は動画でご覧ください。

 

次ページへ続きます

関連記事