【悲報】医師自身ががんになった場合約99%の人が抗がん剤を拒否するという事実

医者は自分にどんな「がん治療」をとる? 99%が抗がん剤を使わず

私の知人が国内外の医者271人に「あなたやあなたの家族ががんになった場合、抗がん剤を使用しますか?」と尋ねたところ、なんと270人が「絶対に拒否する」と答えたそうです。(中略)「99%」というのは、驚異的な数字です。
出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10825047/

 

『医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか』(川嶋朗著、アスコム)の冒頭では、このようにショ

ッキングなトピックが紹介されています。

 

 

気になるのは「なぜ、そのような結果が出たのか」ということですが、その大きな理由のひとつとして著者は、「医者た

ちが西洋医学の限界やリスクを知っている」ことを挙げています。

次ページへ続きます

関連記事