祖母が新聞紙に包まれた何かを渡して「絶対バレないように隠して持ってて。私にもしもの事があったらこの家を出て、戻ってはいけないよ」と言った。果たしてその中身とは?

もう10数年前だが、祖母が新聞紙に包まれてた重い何かを私に渡して、

出典:http://shuraba-matome.com

 

「絶対みんなにバレないようにあなたが隠して持ってなさい。
私が死んだらそれを持ってこの家を出なさい。
必ず大事に使いなさい、この家にもう戻ってはいけないよ」と言った。

 

この時私は高校出て、家事と寝たきりの祖母の介護をしてた。

夜の介護も私なので同室。

 

大学は「馬鹿だから行くな」と親に言われた。

 

子供の頃から塾に通っていい大学に行った兄に比べれば、私は塾も習い事も行ったことない

馬鹿なので、しょうがないなと思ってた。

 

兄の習い事での表彰状が家じゅうに貼ってあった。

 

羨ましかったけど、「お前には引っくり返っても貰えないよ」と祖母以外のみんなに言われて育ってたので、そうなんだなと思った。

 

次ページへ続きます

関連記事