安倍首相、北朝鮮ミサイルに対し「最も強い言葉で批難する」←これ何だと思う?

政府は北朝鮮のミサイル発射を受けて29日未明、国家安全保障会議(NSC) 
閣僚会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は会議の後、記者団に 
「我が国の安全に対する脅威が重大かつ現実のものとなったと明確に示すものだ。 
北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」と語った。 

首相は米国、韓国、中国、ロシアを列挙して「連携し、さらに圧力を強化していく 
ほかない」と強調。「さらなる挑発行為も十分に考えられる。国民の安全確保に 
万全を期す」と述べた。抗議は北京の外交ルートを通じて行った。 

防衛相を兼務する岸田文雄外相は外務省で記者団に、ミサイルについて 
「ICBM級」と説明。「ICBM(と断定する)には再突入技術などの技術が伴わねば 
ならないことも勘案した表現だ」と話した。 

また、岸田氏は一夜明けた29日午前、米国のティラーソン国務長官と電話で協議し、 
北朝鮮に「最大限の圧力」をかけていく方針で一致した。電話協議は約30分間続き、 
岸田氏が28日に日本が独自制裁を強化したと説明すると、ティラーソン氏は 
歓迎したという。

この最も強い言葉で批難するするという安倍首相の発言が
ネット上では、具体的にはなんだ?と物議を醸しだしている。

次ページへ続きます

関連記事